クラビットの効果と入手方法

クラビットの購入方法(処方か個人輸入)

国内では処方箋が必要 クラビットは細菌が原因で発症するクラミジアなどの性病治療に有効な抗生物質で、入手するには医師の処方箋が必要なお薬です。ドラッグストアや薬局で市販されているわけではないため、クラビットを購入するには病院に行って診察を受けなければいけません。病院で治療を受ける場合、処方箋として出してもらうクラビットには健康保険が適用されるので、少ない自己負担で購入出来るというメリットがありますし、医師の指示の下で完治するまでしっかり治療出来るというメリットも期待できます。しかし、健康保険を使って治療すると、保険証には誰がいつどこで治療を受けたという記録が残ってしまうため、家族やパートナーにばれるリスクが高くなります。これが、病院で性病治療をするデメリットと言えるでしょう。 パートナーや家族に知られずにコッソリ治療したい人や、健康保険を使わずに安く治療できる方法を知りたいという人におすすめなのが、個人輸入を使って海外のクラビットを購入するという方法です。クラビットは世界中で製造販売されているお薬ですし、個人輸入を利用すると面倒な手続きはすべて代行業者が対応してくれるので、購入者は一般のネットショッピングをしている感覚で入手できるというメリットがあるのです。 個人輸入のデメリット 個人輸入を利用する際には、デメリットについても理解しておきたいものです。個人輸入を代行している業者はたくさんありますが、それぞれどの国で製造されたものなのか、どの国から出荷されるものなのかが異なります。製造国によっては安全性や品質、製造過程における衛生管理などについて不安なこともありますし、強い作用を持つ医薬品ですから、できるだけ品質の良い薬を入手したいですよね。そのため、たくさんの商品を比較する際には、価格だけを比べるのではなく、製造国や口コミなどについてもしっかりとチェックして、安心できそうな業者から購入することをおすすめします。 また、個人輸入でクラビットを購入する場合、医師の処方箋などは一切必要ありません。全て自己責任の下で行うことになります。服用における指導などもないので、服用の用量をきちんと守らなければいけません。性病治療においては、症状が治まっても完治までは服用を続けなければいけないので、購入の際には完治までの期間カバーできるだけの錠剤数を購入することも大切なポイントと言えるでしょう。

クラビットの効果と入手方法

クラビットの効能

性病治療で活躍する抗生物質クラビット 感染症の治療薬 クラビットは性病治療によく用いられることで知られていますが、性病だけではなく、肺炎や扁桃炎などの呼吸器系感染症、結膜炎などの眼精感染症、その他にも皮膚や泌尿器科系の感染症の治療にも使われています。クラビットはニューキノロン系の抗生物質で、ウィルスやカビに対しては効力はありませんが、細菌の増殖を阻害することによって殺菌・抗菌作用が期待できます。特に感染範囲が広い疾患の場合には大きな効力を発揮するというメリットがありますが、他の抗生物質と比べると副作用が起こりやすいため、妊娠中や授乳中のママ、そして小児の患者さんに対しては服用は禁忌となっています。 クラビットで治せる性病 近年では性病に感染する男女が増えていますが、性病は性行為によって感染するため、自分1人が治療をしてもパートナーが治療をしないのでは意味がありません。もしも性病かなと思える症状が出たり、病院で性病だと診断された場合には、自分だけではなくパートナーにも声をかけて一緒に治療を受けることが必要です。クラビットで治療出来る性病の種類は多く、クラミジアをはじめ、淋病やマイコプラズマなどがあります。クラビットをどのぐらい服用すれば完治できるかという点は、症状の出方や重度によって異なりますが、クラミジアの場合には、錠剤タイプのクラビット500mgを1日~1週間程度服用するのが目安となります。性病の治療薬は他にもマクロライド系のジスロマックなどがありますが、素早く効き目が出るのはクラビットなので、こちらが処方されることが多いですね。 クラビットを使って他の感染症を治療する場合には、服用が必要な期間や1日の服用量などは異なります。例えば腸チフスやパラチフスなどの感染症もクラビットで治療できますが、この場合には1日当たり500mgのクラビットを最低でも2週間服用する必要があります。どの場合でも、治療後に再検査を行い、そこで細菌が検知されなければ完治ということになるため、完治するまでは薬を飲み忘れないようにきちんと続けましょう。 服用の際の注意点 クラビットを服用する際には、医師の指示に従って処方された分は最後まで飲み切ることが大切です。症状が治まったからと言って勝手に途中で服用をやめてしまうと、症状は治まっていても体内にまだ細菌が残っていることがあり、完治することができません。そうすると、治療が必要以上に長引いてしまい、細菌が抗生物質に対して耐性を持ってしまったり、再発のリスクが高くなってしまうので、注意しましょう。

クラビットの効果と入手方法

抗生物質クラビットとは

抗生物質クラビットは細菌系感染症の治療薬 クラビットは細菌を殺す抗生物質 クラビットは抗生物質の一種で、細菌を殺菌・抗菌する作用が認められているお薬です。抗生物質にはいろいろな種類があり、細菌以外にウィルスやカビの作用を抑える働きをするものもありますが、クラビットが効果を発揮するのはブドウ球菌や肺炎球菌、腸球菌、レンサ球菌などの細菌のみで、ウィルスやカビなどには残念ながら作用はしません。しかし、細菌の増殖によって発症する性病やそのほかの感染症に対しては大きな効力を持っていて、性病ではクラミジアや淋病の治療などに用いられています。 ウィルスと細菌は混同されやすい微生物なのですが、ウィルスは単体で生命維持できないのに対し、細菌は単体でも生命維持できるという大きな違いがあります。感染症の場合には、細菌が体の外から侵入し、人間の細胞にくっついて栄養を吸収しながら増殖することで、感染がどんどん広がってしまいます。ウィルスの場合には、人間の細胞に取り入ることができないため、人間の体内で自分の複製を作ろうとします。その際に細胞の中に入り込んでウィルスの複製を作るため、細胞が壊れてしまうというメカニズムです。ウィルスと細菌とはこのように大きな違いがあるのです。 国内では医師の処方箋が必要 クラビットのような抗生物質は、国内ではドラッグストアや薬局で一般販売されているわけではなく、入手するには医師の処方箋が必要になります。性病の治療だけに用いられる薬ではありませんが、性病の治療薬としても良く知られているので薬局で受け取るのが恥ずかしいという人は多いですし、性病で病院に行くことに対して抵抗がある人や、家族に知られずにサッと治してしまいたいという人もたくさんいます。クラビットは日本国内のみで製造販売されている薬ではなく、世界中で製造販売されているため、海外で製造されたものを輸入するという方法で購入することが可能です。個人輸入という方法で、クラビットなら正規品に加えてジェネリック薬品もラインナップされているので、リーズナブルに購入することができるというわけですね。 個人輸入でクラビットを入手する場合には、商品の製造過程における品質管理や衛生管理について十分に信頼できる商品を見つけることがとても大切です。一般的に先進国で製造されたものなら安心ですが、価格的には少し割高になることがあるので、その辺もしっかりと比較した上で商品選びをしたいものです。

クラビットの効果と入手方法

クラビットと結膜炎

クラビットは結膜炎治療にも有効です 結膜炎はかかりやすい目の病気 眼科を受診する患者さんの中で最も多いのは結膜炎と言われていて、眼性疾患の中では結膜炎は多くの人がかかりやすい感染病です。多くの人がかかりやすい病気だと「よくある病気」と軽く見られがちですが、この病気は細菌が瞼の内側の結膜という部分に感染して炎症を起こすもので、治療をしないとどんどん炎症が広がってしまうため、早期の治療が必要となります。瞼の内側は、眼球を守るために常に水分や栄養が充実している場所ですし、温度も高いために細菌が繁殖しやすい環境が整っているわけですが、水分・栄養分・温度が整っている環境で細菌の増殖が原因になる病気と言えば、性病にも多くの共通点があるのではないでしょうか。結膜炎と性病とでは、かかる原因は大きく異なるものの、体の内側の粘膜部分が炎症を起こしているという点では共通する部分があり、治療にも同じ抗生物質が用いられることは少なくありません。 クラビットが有効な結膜炎のタイプ 結膜炎にはいろいろな種類があり、結膜炎なら何でもクラビットで治療出来るというわけではありません。クラビットと相性が良い結膜炎の種類があり、その場合にクラビットが処方されることになります。この薬で治療出来る結膜炎はクラミジアトラコマティスという細菌によって感染するタイプで、瞼の裏側の結膜部分だけでなく、角膜などにも炎症が起こる進行型ですね。放置しても自然治癒することはなく、視力がどんどん低下し、最悪の場合には失明に至ることもあるため、できるだけ早期の治療が必要となるタイプの結膜炎です。 クラビットで結膜炎の治療を行う場合には、性病の治療で用いると同じものを服用することになりますが、クラミジアや結膜炎を引き起こしているクラミジアトラコマティスという細菌はなかなか全滅しない強いタイプの細菌なので、完治するまでクラビットを服用し続けなければいけません。期間はその人の症状や状態によって異なりますが、数か月間の服用が必要となる場合もあるので、医師の指示にきちんと従って完治するようにしてくださいね。症状が治まったからと言って勝手に服用をやめてしまうと、細菌が全滅せずに残ってしまい、治療がさらに長引くリスクが高くなってしまいます。一度の治療でしっかりと完治させることが、細菌系の感染症ではとても大切です。ちなみに、結膜炎の治療でクラビットを服用している場合には、性病など体内で他の部分に感染が起こっていると、そちらも治療効果も期待できます。

クラビットの効果と入手方法

クラビットとクラリスロマイシン

どちらも性病治療によく用いられる治療薬 ニューキノロン系とマクロライド系 性病の中でも細菌が原因で発症している感染症の場合には、治療に抗生物質が用いられることが多いものです。抗生物質はどのようなメカニズムで細菌を抗菌・殺菌するかによっていくつかの種類に分類できますが、クラビットはニューキノロン系のもので、細菌のDNAが複製するのを阻害することによって細菌の増殖を阻止します。対して、マクロライド系に分類されるクラリスロマイシンは、細菌が増殖する際に必要となるたんぱく質の生成を阻害することによって、細菌が増殖できない環境づくりをする働きがあります。どちらも結果的には細菌を殺菌・抗菌できるので、性病治療では大きな効果が期待できますが、その過程におけるメカニズムが大きく異なっているのです。 最初に服用されるのはどちら? クラビットもクラリスロマイシンも、性病治療では大きな効果が期待できるため、どちらを処方するかは医師の判断によるところが大きいでしょう。しかし、それぞれの抗生物質がどのように作用するのかを比較すると、細菌の外側から殺菌・抗菌を行うクラリスロマイシンを最初に処方し、それで効果が十分に出ない場合にクラビットを処方するという方法の方が、細菌の耐性を予防するという点では理想的と言えるでしょう。ただし、クラビットでも医師の指示をきちんと守って服用していれば、細菌が耐性を作る前に完治することができるので、最初からクラビットを処方されても心配することはありません。耐性が作られてしまうケースというのは、薬の飲み忘れが続いてなかなか性病が完治できずに服用が長期間にわたってしまった場合や、すでに抗生物質に対して耐性を持っているスーパー細菌に感染した場合などです。素早く完治させるためには、飲み忘れることなく、処方された分を最後までしっかり飲みきることが必要ですね。 クラビットは風邪にも有効? クラビットは細菌に効果がある抗生物質なので、風邪のようにウィルスが原因の疾患に対しては処方されることはありません。しかし、風邪のウィルスと別の細菌に重複感染している場合には、ウィルス治療薬と細菌治療薬の2種類が処方されることがあり、細菌治療薬としてクラビットが処方されることがあります。クラビットは鎮痛剤や解熱剤との相性がとても良いため、性病以外にも処方しやすい治療薬なのです。

クラビットの効果と入手方法

クラビットとクラリシッド

どちらも抗生物質だけれど適応疾患や作用が異なります クラリシッドはマクロライド系抗生物質 クラビットもクラリシッドも、どちらも性病治療に用いられる抗生物質で、細菌が原因で引き起こされるクラミジアやレジオネラ、マイコプラズマなどの治療に使われます。ただし、クラビットはニューキノロン系の抗生物質であるのに対し、クラリシッドはマクロライド系の抗生物質で、どのように殺菌・抗菌するのか、そのメカニズムは異なります。クラビットは細菌の中にあるDNAの複製を阻害することによって、細菌の増殖を抑えることができますが、クラリシッドは細菌が増殖する際に必要となるたんぱく質が作られるのを阻害することで、細菌が増殖できない環境づくりをサポートする方法で殺菌・抗菌することができます。結果的にはどちらも、細菌が増殖できずに死滅するという治療効果が期待できますが、どんなプロセスで完治までたどり着くのかは大きく異なるのです。 処方対象の疾患が異なる クラビットとクラリシッドは、どちらもクラミジアなどの性病治療で処方してもらうことができますが、異なる作用を持つ抗生物質なので、処方対象となる疾患が異なります。クラビットの場合には、皮膚感染や泌尿感染、婦人科感染など感染しているエリアが広い場合に有効な治療効果が期待できるのに対し、クラリシッドの場合には感染エリアが広い場合以外にも、MAC症をはじめとする非結核性の抗酸菌症の治療にも使われています。クラビットの場合には、起こりうる副作用の幅が広いため、妊婦さんや授乳中のママさんに加えて、小児の患者さんへの処方もNGとなっていますが、クラリシッドの場合にはこれらの患者さんに対する用法は禁忌ではなく、医師の指示に従って注意しながら服用すればOKとなっており、この点もクラビットとクラリシッドで大きく異なる点と言えるでしょう。 服用はどちらも毎日 クラビットの服用は、1日当たり2回~3回の服用を1週間程度続けるのが目安となりますが、クラリシッドの場合には1日2回の服用を1週間~3週間程度続けることになります。どちらも抗生物質なので服用を始めてから短期間で効果を実感できますが、途中で症状がなくなったからと言って勝手に服用をやめてしまうのは好ましくなく、最後まで飲み切ることが必要です。薬がなくなったら再検査を受け、完治したことを確認するまでは治療を続けることが、性病治療においてはとても大切ですね。

クラビットの効果と入手方法

クラビットとクラリスの違い

異なる作用を持つ抗生物質 クラミジア治療に使われる治療薬 クラビットもクラリスも、どちらもクラミジア感染などの性病治療に使われるお薬ですが、クラビットはニューキノロン系の抗菌薬なのに対し、クラリスはマクロライド系の抗菌薬という違いがあります。クラビットはペニシリン系の薬に対してアレルギーを持つ人でも服用可能で、性病以外の治療にも幅広く活用されているお薬です。抗菌作用に関してはクラリスの方が優秀といわれていて、カンジダや肺炎、ピロリ菌の治療にもクラリスが治療されることがあります。 近年では、抗生物質に対して耐性を持つ菌が増えているため、従来の性病治療に使われていた薬が効果を発揮しないケースが多くなっています。しかしクラリスは、他の抗生物質が効果を発揮しないタイプのクラミジアやマイコプラズマなどの性病に関しても有効ですし、副作用が起こりにくく小児の患者さんへの処方もOKという特徴があります。クラビットの場合には副作用が出やすいため、小児患者さんへの処方は禁忌となっていて、この点が大きく異なります。 どちらを処方するかは医師の判断 クラビットとクラリスは、どちらも昨今の性病治療においては大きな効き目が期待出来る抗生物質です。クラミジアなどの性病治療においては、どちらを使っても高い治療効果があるため、病院によってどちらが処方されるのかが異なります。クラビットとクラリス、どちらを選ぶかはその病院の医師の判断によるところが大きいですね。 薬の飲み方ですが、クラビットは100mgを1日2回~3回程度、クラリスは1回200mgを1日2回の服用となります。性病治療のお薬の中には、3日間服用すれば効果が1週間程度持続するという便利なものがありますが、クラビットもクラリスもそういう持続性がある医薬品ではないので、完治するまでのみ忘れることなく服用しなければいけません。目安となる治療期間ですが、クラビットは1週間程度なのに対し、クラリスは1週間~3週間程度と少し長めになっています。どちらの場合でも、一定期間服用を続けたら再検査を行い、完治したかどうかを確認することになります。 副作用の違い 抗生物質は一般的に作用が強いのですが、中には副作用が強く出やすいものがあります。クラビットとクラリスを比較すると、クラビットの方が副作用は出やすく、胸やけやめまい、吐き気、下痢などの症状が起こりやすくなります。クラリスでも副作用が出ることはありますが、クラビットと比べると副作用が出にくいので、副作用が気になる人はクラビットではなくクラリスを処方してもらうという方法が良いでしょう。

クラビットの効果と入手方法

クラビットの効き目

クラビットの効き目は早い 多くの治療に利用されている抗生物質 クラビットはニューキノロン系の抗菌剤で、性病の治療では広く利用されていますし、性病治療以外の炎症系疾患など細菌によって引き起こされている疾患の治療に用いられています。性病のような感染症を引き起こす原因には、細菌やカビ、ウィルスなど様々なものがありますが、その中でもクラビットは殺菌という効き目が抜群の薬として知られています。例えば尿路感染症や呼吸器感染症、皮膚感染症や耳鼻科系の感染症などの治療では、クラビットが処方されることが多くなります。ほかにも殺菌の効き目を持つ抗生物質はありますが、クラビットはペニシリン系の薬に対してアレルギー反応を持つ患者さんでも服用可能で、治療範囲が広いという特徴があるのです。 細菌のDNAを阻害 クラビットは抗生物質の一種ですが、抗生物質と言ってもいろいろな種類があり、それぞれどのように殺菌抗菌できるのか、メカニズムが異なります。クラビットの場合には、細菌が細胞分裂をして増殖する過程において、細胞の中のDNAの複製を阻害することによって細菌を増やさずに死滅させるというプロセスとなります。細菌にとっては細胞分裂出来ない環境が作られてしまうため、増殖することができずに死滅するというわけです。クラビットが効き目を持つのは細菌に対してだけですが、カビやウィルスが原因の疾患においても処方されることがあり、その場合には病気の原因そのものを治療するのではなく、二次感染を防ぐという目的で服用することになります。 効き目が早い一方で副作用が起こりやすい クラビットは、他の性病治療薬と比べると、効き目を早く実感しやすいというメリットがあります。不快な症状が気になって仕方ない人にとっては、服用してすぐに効果が現れるクラビットは、大きな満足感につながるのではないでしょうか。しかし効果がすぐに出る一方で、他の性病治療薬と比べて副作用が出やすいというデメリットもあるため、注意しなけばいけません。起こりやすい副作用には、胃もたれや胸やけ、下痢などの症状があり、軽度なら日常生活に大きな支障が出るほどではありません。しかしひどくなると、痙攣やアレルギー症状、ライエル症候群やスティーブンスジョンソン症候群を引き起こすリスクがあったり、アナフィラキシー症状を起こすと命にもかかわる場合もあります。もしも現在、他に服用している薬剤やサプリメントがある場合には、禁忌とならないかどうかを確認した上で慎重に服用しましょう。

クラビットの効果と入手方法

クラビットの禁忌薬

クラビットは注意が必要な治療薬です 持病で薬を服用している人は要注意 クラビットはペニシリン系の薬に対してアレルギーを持っている人でも服用可能というメリットがありますが、その一方で禁忌薬や禁忌用法がいくつかあるので注意が必要です。クラビットと併用するのが禁忌となっている薬はいくつかあるので、すでに持病があって薬を服用している人は、クラビットとの併用が禁忌でないことを確認した上で服用してくださいね。例えばエノキサシンやフルルビブロフェンアキセチルなどと併用すると、痙攣が起こってしまうリスクが高くなってしまいますし、テオフィリンやアミノフィリンなどニューキノロン系の薬と併用すると、血中濃度が高くなるという副作用が起こってしまいます。その他には、アリール酢酸系の薬やフェニル酢酸系の薬、プロビオン酸系の鎮痛剤と併用した場合にも、痙攣が起こりやすくなるので禁忌となっています。 クラビットと併用することによって副作用が強く出てしまう薬剤も禁忌となります。例えば、シクロスポリン系の薬剤やワルファリンカリウムやグリペンクラミドなどは、クラビットと併用することによってどちらも薬剤も副作用が強く出やすくなってしまいます。特にクラビットは副作用が起こりやすい薬剤なので、できるだけこれらの薬との併用は避けたほうが良いでしょう。 サプリメントとの併用も注意が必要 クラビットの禁忌薬は、医薬品だけではありません。サプリメントとの併用でも注意が必要で、マグネシウムやカルシウム、アルミニウム、鉄などのサプリメントと併用すると、クラビットの有効成分が体内へ吸収されるのが阻害されてしまうため、十分な治療効果が得られないリスクがあります。病院でクラビットを処方される場合には、薬局で禁忌に関する注意事項を説明してもらうことができますが、個人輸入などで購入する場合には、そうしたことを知らずにサプリメントだから大丈夫と思って併用してしまうことがあるので、注意したいですね。 禁忌用法も知っておきたい クラビットには禁忌薬があるだけでなく、禁忌用法もあるので知っておきましょう。例えば、クラビットに配合されているオフロキサシンなどの成分に対してアレルギーを持っている人はクラビットの服用はNGですし、妊婦さんや授乳中のママさん、そして小児の患者さんも服用はNGとなります。また、てんかんや痙攣のトラブルを抱えている人は、クラビットの副作用として発作が出てしまうリスクが高くなるため、服用前に必ず医師に相談した上で慎重に服用することが必要です。

クラビットの効果と入手方法

クラビットとアジスロマイシンの比較

どちらも性病の治療薬として一般的 服用頻度と回数が違います クラビットもアジスロマイシン(ジスロマック)は、どちらもクラミジアや淋病などの性病を治療するための治療薬としてよく利用されています。この二つの薬を比較した時に、最も大きな違いといえば、服用の回数や頻度ではないでしょうか。アジスロマイシンは持続性がある有効成分で、1日1回500mgの服用を3日間続けるか、1日1回1000mgを1回だけ服用すると、薬効が1週間持続するという特徴があります。毎日何回も飲む必要がないため、うっかり飲み忘れてしまいやすい人にとってはとても便利な薬ではないでしょうか。アジスロマイシンのように持続性がある薬は、服用をやめても体内に有効成分が1週間程度残るため、飲み忘れによる効果軽減リスクを予防できるというメリットがありますが、その反面で副作用が出て服用をやめても、体内に薬剤が残っているためなかなか副作用を抑えられないというデメリットがあります。 一方、クラビットは1日2回~3回を毎日飲まなければいけません。治療期間の目安としては1週間~2週間程度で、副作用が出たらすぐに服用をやめることが可能です。しかし、うっかり飲み忘れてしまうと、薬効が低下して菌を全滅できず、治療が長引いてしまう可能性があります。 価格を比較 アジスロマイシンとクラビットは、どちらも病院で医者に処方してもらう他、個人輸入で購入することもできます。アジスロマイシンの新薬として開発されたものはジスロマックで、海外輸入だと1錠あたり400円~500円となり、病院で処方してもらうものと比べると、かなり割高になってしまいます。アジスロマイシンのジェネリックも個人輸入で購入することができ、こちらは価格的にリーズナブルで、1錠あたり100円程度で入手できます。 クラビットは正規品の場合には1錠あたり150円程度と、アジスロマイシンよりもリーズナブルです。一般的に正規品よりもジェネリックの方が格安になる薬剤が多いのですが、クラビットの個人輸入ではジェネリックの方が割高ということが多く、1錠あたり250円程度で販売している業者が多いという特徴があります。そのため、個人輸入でクラビットを購入するなら、正規品とジェネリックを合わせて製造国や出荷国を比較しながら、少しでもお得に安心できる商品を選ぶようにしましょう。また、個人輸入で購入する場合には、完治するまでに必要な錠剤数をまとめて購入するようにしてくださいね。