クラビットの効き目

クラビットの効果と入手方法

クラビットの効き目は早い

多くの治療に利用されている抗生物質

クラビットはニューキノロン系の抗菌剤で、性病の治療では広く利用されていますし、性病治療以外の炎症系疾患など細菌によって引き起こされている疾患の治療に用いられています。性病のような感染症を引き起こす原因には、細菌やカビ、ウィルスなど様々なものがありますが、その中でもクラビットは殺菌という効き目が抜群の薬として知られています。例えば尿路感染症や呼吸器感染症、皮膚感染症や耳鼻科系の感染症などの治療では、クラビットが処方されることが多くなります。ほかにも殺菌の効き目を持つ抗生物質はありますが、クラビットはペニシリン系の薬に対してアレルギー反応を持つ患者さんでも服用可能で、治療範囲が広いという特徴があるのです。

細菌のDNAを阻害

クラビットは抗生物質の一種ですが、抗生物質と言ってもいろいろな種類があり、それぞれどのように殺菌抗菌できるのか、メカニズムが異なります。クラビットの場合には、細菌が細胞分裂をして増殖する過程において、細胞の中のDNAの複製を阻害することによって細菌を増やさずに死滅させるというプロセスとなります。細菌にとっては細胞分裂出来ない環境が作られてしまうため、増殖することができずに死滅するというわけです。クラビットが効き目を持つのは細菌に対してだけですが、カビやウィルスが原因の疾患においても処方されることがあり、その場合には病気の原因そのものを治療するのではなく、二次感染を防ぐという目的で服用することになります。

効き目が早い一方で副作用が起こりやすい

クラビットは、他の性病治療薬と比べると、効き目を早く実感しやすいというメリットがあります。不快な症状が気になって仕方ない人にとっては、服用してすぐに効果が現れるクラビットは、大きな満足感につながるのではないでしょうか。しかし効果がすぐに出る一方で、他の性病治療薬と比べて副作用が出やすいというデメリットもあるため、注意しなけばいけません。起こりやすい副作用には、胃もたれや胸やけ、下痢などの症状があり、軽度なら日常生活に大きな支障が出るほどではありません。しかしひどくなると、痙攣やアレルギー症状、ライエル症候群やスティーブンスジョンソン症候群を引き起こすリスクがあったり、アナフィラキシー症状を起こすと命にもかかわる場合もあります。もしも現在、他に服用している薬剤やサプリメントがある場合には、禁忌とならないかどうかを確認した上で慎重に服用しましょう。

クラビットの効果と入手方法
クラビットの購入方法(処方か個人輸入)

国内では処方箋が必要 クラビットは細菌が原因で発症するクラミジアなどの性病治療に有効な抗生物質で、入 …

クラビットの効果と入手方法
クラビットの効能

性病治療で活躍する抗生物質クラビット 感染症の治療薬 クラビットは性病治療によく用いられることで知ら …

クラビットの効果と入手方法
抗生物質クラビットとは

抗生物質クラビットは細菌系感染症の治療薬 クラビットは細菌を殺す抗生物質 クラビットは抗生物質の一種 …