クラビットとクラリスロマイシン

クラビットの効果と入手方法

どちらも性病治療によく用いられる治療薬

ニューキノロン系とマクロライド系

性病の中でも細菌が原因で発症している感染症の場合には、治療に抗生物質が用いられることが多いものです。抗生物質はどのようなメカニズムで細菌を抗菌・殺菌するかによっていくつかの種類に分類できますが、クラビットはニューキノロン系のもので、細菌のDNAが複製するのを阻害することによって細菌の増殖を阻止します。対して、マクロライド系に分類されるクラリスロマイシンは、細菌が増殖する際に必要となるたんぱく質の生成を阻害することによって、細菌が増殖できない環境づくりをする働きがあります。どちらも結果的には細菌を殺菌・抗菌できるので、性病治療では大きな効果が期待できますが、その過程におけるメカニズムが大きく異なっているのです。

最初に服用されるのはどちら?

クラビットもクラリスロマイシンも、性病治療では大きな効果が期待できるため、どちらを処方するかは医師の判断によるところが大きいでしょう。しかし、それぞれの抗生物質がどのように作用するのかを比較すると、細菌の外側から殺菌・抗菌を行うクラリスロマイシンを最初に処方し、それで効果が十分に出ない場合にクラビットを処方するという方法の方が、細菌の耐性を予防するという点では理想的と言えるでしょう。ただし、クラビットでも医師の指示をきちんと守って服用していれば、細菌が耐性を作る前に完治することができるので、最初からクラビットを処方されても心配することはありません。耐性が作られてしまうケースというのは、薬の飲み忘れが続いてなかなか性病が完治できずに服用が長期間にわたってしまった場合や、すでに抗生物質に対して耐性を持っているスーパー細菌に感染した場合などです。素早く完治させるためには、飲み忘れることなく、処方された分を最後までしっかり飲みきることが必要ですね。

クラビットは風邪にも有効?

クラビットは細菌に効果がある抗生物質なので、風邪のようにウィルスが原因の疾患に対しては処方されることはありません。しかし、風邪のウィルスと別の細菌に重複感染している場合には、ウィルス治療薬と細菌治療薬の2種類が処方されることがあり、細菌治療薬としてクラビットが処方されることがあります。クラビットは鎮痛剤や解熱剤との相性がとても良いため、性病以外にも処方しやすい治療薬なのです。

クラビットの効果と入手方法
クラビットの購入方法(処方か個人輸入)

国内では処方箋が必要 クラビットは細菌が原因で発症するクラミジアなどの性病治療に有効な抗生物質で、入 …

クラビットの効果と入手方法
クラビットの効能

性病治療で活躍する抗生物質クラビット 感染症の治療薬 クラビットは性病治療によく用いられることで知ら …

クラビットの効果と入手方法
抗生物質クラビットとは

抗生物質クラビットは細菌系感染症の治療薬 クラビットは細菌を殺す抗生物質 クラビットは抗生物質の一種 …