クラビットとクラリスの違い

クラビットの効果と入手方法

異なる作用を持つ抗生物質

クラミジア治療に使われる治療薬

クラビットもクラリスも、どちらもクラミジア感染などの性病治療に使われるお薬ですが、クラビットはニューキノロン系の抗菌薬なのに対し、クラリスはマクロライド系の抗菌薬という違いがあります。クラビットはペニシリン系の薬に対してアレルギーを持つ人でも服用可能で、性病以外の治療にも幅広く活用されているお薬です。抗菌作用に関してはクラリスの方が優秀といわれていて、カンジダや肺炎、ピロリ菌の治療にもクラリスが治療されることがあります。

近年では、抗生物質に対して耐性を持つ菌が増えているため、従来の性病治療に使われていた薬が効果を発揮しないケースが多くなっています。しかしクラリスは、他の抗生物質が効果を発揮しないタイプのクラミジアやマイコプラズマなどの性病に関しても有効ですし、副作用が起こりにくく小児の患者さんへの処方もOKという特徴があります。クラビットの場合には副作用が出やすいため、小児患者さんへの処方は禁忌となっていて、この点が大きく異なります。

どちらを処方するかは医師の判断

クラビットとクラリスは、どちらも昨今の性病治療においては大きな効き目が期待出来る抗生物質です。クラミジアなどの性病治療においては、どちらを使っても高い治療効果があるため、病院によってどちらが処方されるのかが異なります。クラビットとクラリス、どちらを選ぶかはその病院の医師の判断によるところが大きいですね。

薬の飲み方ですが、クラビットは100mgを1日2回~3回程度、クラリスは1回200mgを1日2回の服用となります。性病治療のお薬の中には、3日間服用すれば効果が1週間程度持続するという便利なものがありますが、クラビットもクラリスもそういう持続性がある医薬品ではないので、完治するまでのみ忘れることなく服用しなければいけません。目安となる治療期間ですが、クラビットは1週間程度なのに対し、クラリスは1週間~3週間程度と少し長めになっています。どちらの場合でも、一定期間服用を続けたら再検査を行い、完治したかどうかを確認することになります。

副作用の違い

抗生物質は一般的に作用が強いのですが、中には副作用が強く出やすいものがあります。クラビットとクラリスを比較すると、クラビットの方が副作用は出やすく、胸やけやめまい、吐き気、下痢などの症状が起こりやすくなります。クラリスでも副作用が出ることはありますが、クラビットと比べると副作用が出にくいので、副作用が気になる人はクラビットではなくクラリスを処方してもらうという方法が良いでしょう。

クラビットの効果と入手方法
クラビットの購入方法(処方か個人輸入)

国内では処方箋が必要 クラビットは細菌が原因で発症するクラミジアなどの性病治療に有効な抗生物質で、入 …

クラビットの効果と入手方法
クラビットの効能

性病治療で活躍する抗生物質クラビット 感染症の治療薬 クラビットは性病治療によく用いられることで知ら …

クラビットの効果と入手方法
抗生物質クラビットとは

抗生物質クラビットは細菌系感染症の治療薬 クラビットは細菌を殺す抗生物質 クラビットは抗生物質の一種 …