クラビットとアジスロマイシンの比較

クラビットの効果と入手方法

どちらも性病の治療薬として一般的

服用頻度と回数が違います

クラビットもアジスロマイシン(ジスロマック)は、どちらもクラミジアや淋病などの性病を治療するための治療薬としてよく利用されています。この二つの薬を比較した時に、最も大きな違いといえば、服用の回数や頻度ではないでしょうか。アジスロマイシンは持続性がある有効成分で、1日1回500mgの服用を3日間続けるか、1日1回1000mgを1回だけ服用すると、薬効が1週間持続するという特徴があります。毎日何回も飲む必要がないため、うっかり飲み忘れてしまいやすい人にとってはとても便利な薬ではないでしょうか。アジスロマイシンのように持続性がある薬は、服用をやめても体内に有効成分が1週間程度残るため、飲み忘れによる効果軽減リスクを予防できるというメリットがありますが、その反面で副作用が出て服用をやめても、体内に薬剤が残っているためなかなか副作用を抑えられないというデメリットがあります。

一方、クラビットは1日2回~3回を毎日飲まなければいけません。治療期間の目安としては1週間~2週間程度で、副作用が出たらすぐに服用をやめることが可能です。しかし、うっかり飲み忘れてしまうと、薬効が低下して菌を全滅できず、治療が長引いてしまう可能性があります。

価格を比較

アジスロマイシンとクラビットは、どちらも病院で医者に処方してもらう他、個人輸入で購入することもできます。アジスロマイシンの新薬として開発されたものはジスロマックで、海外輸入だと1錠あたり400円~500円となり、病院で処方してもらうものと比べると、かなり割高になってしまいます。アジスロマイシンのジェネリックも個人輸入で購入することができ、こちらは価格的にリーズナブルで、1錠あたり100円程度で入手できます。

クラビットは正規品の場合には1錠あたり150円程度と、アジスロマイシンよりもリーズナブルです。一般的に正規品よりもジェネリックの方が格安になる薬剤が多いのですが、クラビットの個人輸入ではジェネリックの方が割高ということが多く、1錠あたり250円程度で販売している業者が多いという特徴があります。そのため、個人輸入でクラビットを購入するなら、正規品とジェネリックを合わせて製造国や出荷国を比較しながら、少しでもお得に安心できる商品を選ぶようにしましょう。また、個人輸入で購入する場合には、完治するまでに必要な錠剤数をまとめて購入するようにしてくださいね。

クラビットの効果と入手方法
クラビットの購入方法(処方か個人輸入)

国内では処方箋が必要 クラビットは細菌が原因で発症するクラミジアなどの性病治療に有効な抗生物質で、入 …

クラビットの効果と入手方法
クラビットの効能

性病治療で活躍する抗生物質クラビット 感染症の治療薬 クラビットは性病治療によく用いられることで知ら …

クラビットの効果と入手方法
抗生物質クラビットとは

抗生物質クラビットは細菌系感染症の治療薬 クラビットは細菌を殺す抗生物質 クラビットは抗生物質の一種 …