クラビットで治療中のアルコールは

クラビットの効果と入手方法

クラビットもアルコールも肝臓で代謝

アルコールはできるだけ控えめに

クラビットを摂取すると、肝臓で代謝されて全身の細胞に有効成分が運ばれます。クラビットを使って性病の治療をしている期間中にアルコールを飲むことは、直接的な関係があるわけではありませんし、アルコールを飲むことで治療効果が軽減するという心配もありません。しかし、アルコールを代謝するのもクラビットを代謝するのも同じ肝臓なので、肝臓に負担をかけないという点では、クラビットを使った治療期間中のアルコールはできるだけ控えたほうが良いでしょう。

性病の治療効果のある薬の中には、アルコールと相互作用を持つセフメタゾンなどの薬があり、治療中にアルコールを飲むと、相互作用によって悪酔いしてしまうなどの副作用が起こるリスクがあります。クラビットではそうした相互作用は認められていませんが、アルコールを飲まずに過ごせるのなら飲まないほうが良いのではないでしょうか。

治療にかかる期間

クラビットを使った治療を行っている期間はアルコールはできるだけ控えたほうが良いのですが、普段からアルコールが大好きな人にとっては、治療期間中がどのぐらいかかるのか、知りたいところではないでしょうか。クラビットは抗菌薬なので、治療を始めたら途中で症状が良くなったからと言って勝手に中断するのはNGですし、早く治したいからと言って服用量を増やすのもNGです。医師の指示に従って、決められた服用量を決められた期間だけ続けて、処方された薬は最後まで飲み切らなければいけません。

クラビットの治療期間は、どんな性病にかかっているのか、どのぐらい症状が進行しているのかによって異なります。一般的には1回あたり100mgを1日2回~3回風用し、1週間~2週間程度続けることになります。症状がひどい場合や、1週間の治療では菌を全滅できなかった場合などには、さらに1週間の治療を続けたり、服用量を増やして1回あたり100mgから200mgへ増量することもあります。指示を守ってきちんと服用していれば1週間~2週間ぐらいで性病を治すことができるので、その期間はアルコールは少し我慢してサッと病気を治してしまいましょう。完治すればまたアルコールを飲めばよいわけですし、アルコールを飲んだら再発リスクが高くなるということはありませんので、安心してくださいね。ちなみに、薬を1週間~2週間続けて完治しない場合には、もう少しの期間治療を継続することになります。

クラビットの効果と入手方法
クラビットの購入方法(処方か個人輸入)

国内では処方箋が必要 クラビットは細菌が原因で発症するクラミジアなどの性病治療に有効な抗生物質で、入 …

クラビットの効果と入手方法
クラビットの効能

性病治療で活躍する抗生物質クラビット 感染症の治療薬 クラビットは性病治療によく用いられることで知ら …

クラビットの効果と入手方法
抗生物質クラビットとは

抗生物質クラビットは細菌系感染症の治療薬 クラビットは細菌を殺す抗生物質 クラビットは抗生物質の一種 …